So-net無料ブログ作成
検索選択

東シベリアの旅

この夏、かなてから念願だった東シベリアに行ってきました。
中世ロシアの趣きを残すイルクーツクから神秘の湖,バイカル湖を抜け
宗教も人種も異なるブリヤート共和国へ、その文化の違いの流れを
この目で見たかったのです。

baikal.jpg
バイカル湖を挟んでイルクーツクとブリヤートがあります。

出発前から数少ない資料を集めましたが、実際は情報よりも時の流れは
速く日々変化するシベリアでした。
人種の比率はブリヤート共和国ウラン・ウデ市ではロシア人50%、ブリヤート人50%ですが
ロシア人とブリヤート人の結婚も多くなり混血が増えてきているということです。
経済発展は著しく、建設ラッシュ。物価も他のロシア各地に比べ高いという印象でした。
イルクーツク市の地価はモスクワ、サンクトペテルブルグに次ぐ3番目に位置しており、
シベリアという地域を考えると何かメリットがあるのか?と不思議でしたが・・・
中国の経済発展の流れでモンゴルは経済成長率世界3位となり、モンゴルと
密な東シベリア地区も勢いに乗っている!?のかと思います。
ブリヤート共和国はモンゴルととても友好国でVISAは1時間程度で発行してくれるそう。
ウランバートルまでは車で5~6時間なので人の流れも物流もとても盛んなようでした。

buryat-1.jpg
ロシアの文化とは異なる独特のブリヤート。

とにかく日本車が多く、通りだけを見ていると「ホンダ、トヨタ、ホンダ、ニッサン・・・」
モスクワの比ではありません。中古車なので「愛羅武勇」とか「夜露死苦」的な文句を
書いたものもそのまま使われており、事実を知らないことを願うばかりです。

シベリア紀行つづく・・・

共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。