So-net無料ブログ作成

マリ・エル共和国~グルメ~

マリ・エル共和国周辺は多くの共和国に囲まれています。
そのためいろいろな郷土料理が混ざっている、変化したものも多いのです。

例えば、ポッドコゴーリという手のひらサイズの大きなペリメニ。
一般的にはトゥバローグと言うカッテージチーズ、またはジャガイモを入れることが多く、
もちろん肉やキャベツなども。決まりはないそうです。
お味は迫力のあるペリメニ(茹でてあるので日本でいう皮の厚いジャンボ水餃子)。
スメタナ(サワークリーム)をつけていただきます。
mariel-107.jpg

他にはブリヌイ。ブリヌイと言えばあのまあるい薄いクレープのようなものを思い出しますが、
マリ・エルのブリヌイは通称「3枚のブリヌイ」といい、3度重ねて焼きます。
通常通りフライパンに生地を流し薄く焼きます、焼けたらその上に生地を流しさらに焼きます。
これを3度繰り返し厚みのあるブリヌイができます。
私は最後にチーズをのせ焼いたものを注文しました。
パンのようにフカフカではなくピザ生地のように表面がカリッとしていて中はしっかととした生地に
なっています。材料がほぼ同じせいか南ロシアのハチャプリにも似ています。
mariel-108.jpg

マリ・エルの経済の主力は農業。乳製品の大きな工場もありました。
昔から馬の飼育も盛んなので馬肉関係の工場もあります。
これらのほとんどはモスクワやカザンなど消費力のある都市で出回るため、マリ・エルで
馬肉ソーセージを買おうと思ったら結構困難だったのです。
チーズ専門店はありました。小さなお店ですがショーケースにはマリ・エル産のチーズが所狭しと
ごろごろ美味しそうに並んでいました。街でも人気のお店だということです。
濃厚で風味、旨み満点、確かにモスクワに比べると格段に安い。
空気にのまれてワックスに包まれたカーリングストーンのようなチーズを丸ごと買いそうになりましたが
滞在中に食べきれないなとフと我に返り何種かカットしてもらいました。
mariel-109.jpg

何もない贅沢な景色。チーズ一枚が最高のおもてなしになる。
mariel-110.jpg







共通テーマ:blog