So-net無料ブログ作成

マリ・エル共和国~グルメ~

マリ・エル共和国周辺は多くの共和国に囲まれています。
そのためいろいろな郷土料理が混ざっている、変化したものも多いのです。

例えば、ポッドコゴーリという手のひらサイズの大きなペリメニ。
一般的にはトゥバローグと言うカッテージチーズ、またはジャガイモを入れることが多く、
もちろん肉やキャベツなども。決まりはないそうです。
お味は迫力のあるペリメニ(茹でてあるので日本でいう皮の厚いジャンボ水餃子)。
スメタナ(サワークリーム)をつけていただきます。
mariel-107.jpg

他にはブリヌイ。ブリヌイと言えばあのまあるい薄いクレープのようなものを思い出しますが、
マリ・エルのブリヌイは通称「3枚のブリヌイ」といい、3度重ねて焼きます。
通常通りフライパンに生地を流し薄く焼きます、焼けたらその上に生地を流しさらに焼きます。
これを3度繰り返し厚みのあるブリヌイができます。
私は最後にチーズをのせ焼いたものを注文しました。
パンのようにフカフカではなくピザ生地のように表面がカリッとしていて中はしっかととした生地に
なっています。材料がほぼ同じせいか南ロシアのハチャプリにも似ています。
mariel-108.jpg

マリ・エルの経済の主力は農業。乳製品の大きな工場もありました。
昔から馬の飼育も盛んなので馬肉関係の工場もあります。
これらのほとんどはモスクワやカザンなど消費力のある都市で出回るため、マリ・エルで
馬肉ソーセージを買おうと思ったら結構困難だったのです。
チーズ専門店はありました。小さなお店ですがショーケースにはマリ・エル産のチーズが所狭しと
ごろごろ美味しそうに並んでいました。街でも人気のお店だということです。
濃厚で風味、旨み満点、確かにモスクワに比べると格段に安い。
空気にのまれてワックスに包まれたカーリングストーンのようなチーズを丸ごと買いそうになりましたが
滞在中に食べきれないなとフと我に返り何種かカットしてもらいました。
mariel-109.jpg

何もない贅沢な景色。チーズ一枚が最高のおもてなしになる。
mariel-110.jpg







共通テーマ:blog

マリ・エル共和国~モデルになる~

マリ・エル共和国はいわゆる「観光地」ではありません。
他のロシアの地方からわざわざマリ・エルに来ることもあまりありません。
マリ・エルは経済的には豊かではなく、カザンやモスクワに働きに出る人も多いのです。
だから外国人ましてや東の果ての日本人が来るということも・・・。

マリ・エル国立美術館では専属画家に出会った。
mariel-104.jpg

「こんにちは」とあいさつした瞬間、グッと手を引き椅子に座らされてしまった。
対面の画家は勢いよく小さなキャンバスに絵具が載っていく。
mariel-105.jpg

すべてがマイペース!
なんですのん?この空気…と思いつつ。
あれ~?これ私描いてる? え、どこ見たらええの?
ギロン!ギロン!と画家の鋭い目に金縛りにあったかのように身動きできず。
小一時間か・・・

感動!
mariel-106.jpg
それはそれは気に入ったので、どのくらいかかるか分からないけど買い取りたいと申し出た。
すると・・・
「何言ってるの?!僕のために描いたんだよ、ごめんね、あげられないのさ。」
日本人を描ける機会はそうそうないそうで、珍しい(?)顔立ちを描いてみたかったのだそう。
あ~日本人に生まれてよかったあああ~!と思った瞬間でした。



共通テーマ:blog

マリ・エル共和国~首府ヨーシュカル・オラ~

2017年6月 マリ・エル共和国へ

首府ヨーシュカル・オラ

ロシアにはいくつもの共和国があります。
そのひとつ、民族衣装が印象的で文化や思想にも興味があったマリ・エル共和国は5年以上前から計画をしていた行先でした。
首府ヨーシュカル・オラの玄関は今やここがロシアであることを忘れてしまいそうな景色です。
mariel-100.jpg

これは2008年から都市計画で作られたマリ・エルの新しい1シーンとなりました。
当時の市長が海外旅行好きでお気に入りのコペンハーゲンを再現させたのだそう・・・・。
えーーーーッ!?と叫んだのは私だけではないと思いますが、ヨーシュカル・オラ市民はとっても気に入っているのです。それはそれは広大な公園、毎日の散歩も気持ちがいいでしょう。
異国人の私の胸中はなんやらかんやら騒いでおりましたが・・・
その市長は税金の使途不明金が多く「イマはケイムショです」と聞き異国人の胸中はスーッと穏やかになっていくのでした。
mariel-101.jpg

街を歩くとソビエト時代のアパート群の中に今や少なくなった1900年初頭の家屋も残っています。
mariel-102.jpg

どの共和国も、もともとあったその国の言語を守ろうと努力しています。
街の標識やお店の看板はロシア語と一緒に共和国の言語でも書かれています。
mariel-103.jpg
マリ語で「お土産屋さん」

「ありがとう」はロシア語で「スパシーバ」、マリ語で「タウ」
「素晴らしい」はロシア語で「ハラショー」、マリ語で「エンサイ」
マリ人たちは学校ではロシア語を学びますが家族や親しい友達とはマリ語で会話していました。



共通テーマ:blog